先輩社員の声

自分を育ててくれた先輩を目指して

ドライバー

武田 頌大さん

TAKEDA NOBUHIRO

神戸支店勤務 係長 2010年入社

不思議な縁に導かれて

大学卒業して以前は別のお仕事をされていたと聞いていますが?
武田:大学卒業後、半年程業種の全く違う会社に勤めていました。その会社で目標もなく、将来の不安も感じながら働いていたので転職を決めました。
入社されたきっかけは?
武田:ちょうど転職を決めた時期に、この会社の話を貰い、面接を受けさせて頂きました。就職活動中でも、物流関係の仕事はほとんど考えていなかったので、まさに塞翁が馬と言うやつですね!
最初はどちらに勤務されていたのですか?
武田:入社した当初は北海道営業本部です。営業をする為に配達等、現場の仕事を学びました。入社して半年程で神戸支店へ異動になり、今では完全に現場の人間です。北海道の現場を知っているという事が大変役に立っています。

自分で工夫をしながら仕事に向き合っています

神戸支店勤務5年目で主任とのことですが、ずっと配車担当だったのですか?
武田:神戸支店に配属された当初は、業務係員として配車担当の補佐をしていました。3年目で業務主任に、5年目で前任者より配車係を引き継ぎ、配車担当をさせて頂いています。
配車担当とのことですが、大変な事はないですか?
武田:一番年下でドライバー全員をまとめるのは大変です。うまくまとめられていないですけど… 配車に関しても、北海道出身で土地勘もドライバーの方達より乏しく、積込に関しても、5年とは言え、10年以上やってきている方達が多いのでアドバイスを貰いながら、日々勉強し、最善の方法を考えています。
職場環境はどうですか?
武田:環境はとても良いです。現場、事務関係をほとんど任せて貰っているので、自分で工夫をしながら仕事をしています。良い意味でその分責任が出てきますが、やりがいがあるので、厳しくも楽しく働くことができています。
今後の目標を教えて下さい。
武田:今の配車担当という立場も前任者を目標に配車をやりたいと思うようになりました。今はまだ、神戸支店を良くしたい、という事で精一杯ですが、色々な営業所、支店へ行き、沢山の人と出会いながら、自分自身成長していきたいです。

一覧画面に戻る