先輩社員の声

明るく元気な人なら、
誰でも活躍できるようになります

総合職(事務職)

木村 則義さん

KIMURA NORIYOSHI

埼玉支店勤務 主任 2000年入社

現場を見て就職を最終判断できるシステムも

「業務主任」というのはどのようなお仕事をされるのですか?
木村:ひと言で言えば「現場のリーダー」です。荷物の量は毎日変化しますが、それらをどの車にどれくらい乗せるかという「運行管理」や「配車」などを担当します。そして新人さんが入社したら、最初に指導させていただくのも大切な役割の1つです。
面接を通過した新入社員が、1から仕事を教わるのが業務主任。
木村:はい。最初に車の横に乗せるのも私たちです。新入社員には、経験を積んだプロがしっかりと指導するシステムが弊社には確立しています。
例えば中途採用は、経験者が優遇されますか?
木村:まあ経験があるに越したことはありませんが、それ程関係ありません。お客様はもちろん社内でもコミュニケーションが大切な仕事ですから、明るく元気な人は向いていると思います。経験的な部分は、最初は私たちもしっかりと指導させていただきますし、自然に積み上がっていきます。
体力的な面はどうでしょう?やはり必要ですよね。
木村:その点も大切な要素ですから、面接でも確認させていただくほか、2週間の仮契約期間で現場を体験していただくこともできます。そして埼玉支店は特に暑い!その点は自己判断していただけるよう説明はさせていただきます。

人間関係に恵まれた環境で自身も奮闘中

暑さといえば、もともと木村主任は仙台のドライバーだったんですか?
木村:はい。こちらのドライバーが不足していたので、3年間限定のヘルプという立場で来ていたんです。その3年が終わる頃に東日本大震災がありました。
以来こちらでお世話になっています。
地元の仙台に戻りたいとは思いませんか?
木村:戻りたい気持ちもありますが、今はこちらで自分なりにポジションを上げるために奮闘中です。もちろん企業なので縦の関係はケジメが必要ですが、
人間関係もすごく良くて、本当に過ごしやすいと感じています。
入社を検討されている人にメッセージがあれば。
木村:繰り返しですが、明るく元気な人、そして健康な人なら、良好な人間関係と待遇で楽しく仕事ができます。「コミュニケーションが苦手」という人でも、「本当は社交的になりたい」という思いがあれば大丈夫です。しっかりご指導させていただきますので、ぜひ仲間に加わってください。

一覧画面に戻る