先輩社員の声

これほど達成感のある仕事だとは
思いませんでした

ドライバー

藤井 香奈さん

FUJII KANA

札幌主管支店中央営業所勤務 2014年入社

泣きたくなった入社当初

女性にとってドライバーという仕事は体力的にきつくないですか?
藤井:もうメッチャ辛くて(笑)、入社したての頃は正直「自分には無理かな?」って思いました。男性なら持てる荷物が持てなかったり、道に迷ってパニックになったり。先輩からしょっちゅう怒られました。
やめようとは思わなかったんですか?
藤井:思ったこともありましたけど、自分で選んだ仕事ですし途中で投げ出すのが嫌でした。叱られたときも、先輩たちの「一人前に育てたい」という気持ちがとても伝わってきました。女性だから特別扱いしない、ということも実感できたので、頑張る気持ちは萎えませんでした。
そして入社3年が経ち……
藤井:この仕事が大好きになりました(笑)。
どういうところが好きですか?
藤井:とにかく達成感が大きいんです。朝に担当する荷物を積み込む時は、最もスムーズに回れるルートを考えながら積み込んでいきます。
それが思い通りスムーズに配送し終わったときは、まさに快感です(笑)。

ぜひドライバーという仕事の楽しさを知ってほしい

重い荷物は持てるようになりましたか?
藤井:おかげ様で腕力も鍛えられました(笑)。持てない荷物はほとんどありません。
何が藤井さんを成長させたんでしょう?
藤井:繰り返しになりますけど、やっばりドライバーという仕事にある「達成感」だと思います。この達成感を経験したら、誰でも好きになると思います。
体感するまでは大変でしたね?
藤井:大変なことを乗り越えるのも達成感だと思うんです。持てなかった荷物が持てるようになるのもそう。迷っていた道に迷わなくなるのもそう。まずはそういうことができるようになって達成感がある。慣れてきたら「どれだけ早く回れるか」という課題ができて、それをクリアするということが、次の達成感につながっていきます。
そうした魅力があるドライバーという職種も最近は人材が不足のようです。
藤井:どんな仕事もそうかもしれませんが、最初に辛いほど、それを乗り越えた時の喜びって本当に大きいです。この会社でドライバーという仕事を経験してみて、強くそう感じています。自信の無い人も、ぜひやってみていただきたいオススメの仕事だと思います。

一覧画面に戻る